自然資源
太陽光発電設備について
台湾において、2015年に《温室効果ガス排出削減並びに管理法》が可決され、企業を対象とした二酸化炭素排出規制を策定しました。2014年に「エネルギー利用者向け省エネ目標並びに実行計画規定」を発表し、契約電力容量800kWを超えるエネルギー利用者に対し、「2015から2019年にかけての年間節電率1%達成」という節電要請を行うこととなります。
 
太陽光発電設備について、2020年の年間供給量851,848度、自家発電100%。CO2排出削減量:434トン。(経済部エネルギー局が発表した2019年発電別のCO2排出量によるもの)