ソリューション
AR/VR応用技術
光学粘着剤と貼合技術
超ワイド向けのソリューション
ブルーライトカットフィルム
曲線加工
車載HUD技術
のぞき見防止技術
 
「誠美材」光学フィルム及び応用モジュール
高解像度•高精度への実現、ユニークなユーザーエクスペリエンス
 
AR(拡張現実)
AR(拡張現実)とは、カメラ画像をもとに、その位置及び角度の測定によって、さらに画像解析を行った上で、現実世界に仮想世界を重ね合わせて表示する技術をいいます。
「誠美材料」の光学フィルム及び偏光板は、ARモジュールへの応用を通して、グレアを軽減し、画像解析度の更なる向上をお手伝いします。画像をイキイキとクリアに見せてくれ、「まるで現実(リアリティ)であるかのように」を実現!
VR(仮想現実)
VR(仮想現実)とは、コンピューターによって作り出された3次元仮想世界(3D仮想空間)のことをいいます。「まるで現実(リアリティ)であるかのように」体験できる技術。
「誠美材料」の光学フィルムはカスタマイズ対応が可能ですので、お客様をフルサポートいたします。VRモジュールへの応用を通して、製品の軽量化を実現します。
 
複層フィルム貼合技術、カスタマイズ可能、適切なソリューション
 
光学粘着剤と貼合技術
「誠美材料」では、耐候性に優れた光学フィルム貼合用粘着剤の開発に取り組んでいます。光学フィルムはガラスとの組み合わせで、様々な環境条件に対応可能。ロール貼合、枚葉式貼合、枚葉フィルムをロールフィルムに貼り合わせることなどがあげられます。
弊社独自の貼合技術を駆使し、機能性フィルムが求める特殊な角度によって、柔軟な組み合わせが可能です。なお、複層貼合の分野において、蓄積されてきたノウハウをいかして、お客様のご要望に応じて、速度や圧力等による改善策をご提案し、カスタマイズ対応も可能です。光学フィルム分野における軽薄化•高精度化などのニーズに対応するために、新製品開発に注力していきながら、更なる成長を目指しています。
 
ブルーライトカット 、眩光防止、リアルな画像
 
ブルーライトカットフィルム
ディスプレイの普及や長時間使用に伴う「目のケア」という課題に直面している昨今、「誠美材料」では、ブルーライトカットフィルムの開発に取り組んでおり、有害光線をカットして、色の飽和度•豊かな色彩感覚を保ちつつ、快適な視覚体験をもたらし、長時間使用による目の疲れや不快感を解消することができます。
 
フルスクリーン対応可能、異形研磨技術
狭額縁•ハイレベル車載用ディスプレイデザインのアップグレード
 
曲線加工
「誠美材料」では、独自の異形研磨とレーザー切断技術をいかして、様々な異形•曲線精密加工向けのソリューションをご提供します。偏光板及び高分子材料の精密加工への応用が期待されます。
多種多様なディスプレイが求める外観や機能性はもちろん、ノートパソコン、車用パネル、携帯電話、多彩なウェアラブル装置が求める曲線デザインにもお応えします。
 
鮮明な映像、耐候性、安定性にも優れている
車用HEAD-UP DISPLAY完全ソリューション
 
車載HUD技術
HUDの原理とは、光源を提供した表示モジュール(投影装置に類似したもの)が用いられることで、反射ミラーを介してその映像を投影機構に投射し、そして投影機構からフロントガラスに投射すると、フロントガラスに仮想画像が表示されます。情報入手にはダッシュボードへの視線移動は不要なので、ドライバーの安全確保をサポートします。
HUD画像表示ユニットとして、反射板は「画像投射」という役割を担っており、字幕や図案をその反射板に投射したことから、鮮明な画像や安定性を確保できます。
「誠美材料」では、独自のHUD技術をいかして、温度120℃ / 1000hrという環境条件下においても、優れたパフォーマンスを発揮し、耐候性に優れた反射板に実像画像が表示された状態を示すことができます。
 
覗き見の防止、セキュリティ対策、プライバシーフィルター、可視化ソリューション、鮮明な映像生成
 
のぞき見防止技術
「誠美材料」では、のぞき見防止技術の開発に取り組んでおり、そのモード切替はディスプレイによって異なります。
独自の技術をいかして、光学フィルムとパネルの組み合わせで、優れた柔軟性やパフォーマンスを発揮し、ユーザーご自身の意志によるスクリーン共有が可能です。位相差板及び波長板を利用して、のぞき見防止周辺グッズの開発にも取り組んでおり、ブランド別又はモジュール別に応じて、製品の構造調整が可能です。のぞき見防止45℃視野角の実現、画面が真っ黒に!
周辺機器の高輝度確保(<10%) 、モバイルディスプレイの長時間稼動。